『とりつくしま』東直子

とりつくしま (ちくま文庫) 作者: 東直子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2011/05/10 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (7件) を見る 現世に未練を残したまま死んでしまった人達が、家族や憧れの人達にもう一度会うためにモ…

『パパの電話を待ちながら』ジャンニ・ロダーリ

ボーイフレンドは入浴中に読書するそうです。 ここ二、三ヶ月全く本を読めていなかった(のに買ってしまうのでどんどん溜まる)ので、私も真似することに。 一人暮らしを始めてから約二年、シャワーだけで済ませていたのが読書するために湯船に湯を張るよう…

『第2図書係補佐』又吉直樹

ピース又吉。 芸人なのに、小説家。暗いのに、面白い。美男子にも見えたり、見えなかったり。 まさに 不思議 という形容が相応しい人だと感じます。 第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫) 作者: 又吉直樹 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/11/23 メディ…

『恋しくて』村上春樹

村上春樹の書く文章が好きです。瑞々しくて。彼の文体を毛嫌いしたりネットのオモチャにする人は多いけれど、繊細な言葉選びと比喩表現にかけては彼の右に出る作家はなかなかいないんじゃないかと思う。 初めて村上春樹を読んだのは小6か中1くらいの頃で、…

密やかにブログを始めました。

表題通り。 キッカケは…… と言えるほどの動機はなく、単純に知人の真似事です。 年齢特有の気色悪い考えや的外れの持論なんかを無駄に難解な文章に起こしたりして、後々「何やってんだい大学時代の自分は…」と小っ恥ずかしい思いをするのも案外悪くないな、…